THE Helsinki Formula

乳化力で皮脂を浄化する頭皮ケアブランドヘルシンキ・フォーミュラー公式サイト

ブランド情報

HOME

>

ブランド情報

>

臨床実験レポート

臨床実験レポート

医学誌にも発表されたヘルシンキ大学の研究レポート

ヘルシンキ大学で実証されている、ヘルシンキ・フォーミュラの育毛力

ヘルシンキ大学では、抜け毛に悩む320人の被験者から頭皮の組織片を採取し、組織学的に研究したところ、頭皮に詰まったコレステロールをはじめとする‘悪玉のアブラ’が脱毛を誘引し、発毛を妨げることが確認されました。さらに、同大学では酸化した皮脂を強力に取り除く「乳化剤」を研究・開発しました。「乳化力」を最大限に引き出した<ヘルシンキ・フォーミュラ>の育毛効果は、以下の臨床検査でも確認されています。

ヘルシンキ大学(1978年)対象人数:男女320名 試用期間:28~38週間
<結果内容> <調査期間> <調査率>
 ●再発毛  6~12ヶ月  60%
<その他にみられた項目>
●過度な脱毛の停止、又は顕著な減少(平均2~4週間)
●フケの組成の停止又は顕著な減少(平均2~4週間)
※炎症、アレルギー、過敏症などいかなる炎症も見られなかった

フランス皮膚科医師によるレポート

フランスでは、発毛だけでなく、髪に対する他の効果に関してもモニターを通じて臨床試験を行っています。

フランス皮膚科医70名(1983年)対象人数:男女420名 試用期間:30週間
<結果内容> <調査期間> <調査率>
 ●脱毛の改善  30週  87%
 ●脂漏症の改善  30週  75%
 ●美容的効果(6週目での調査)  6週  71%

アメリカのモニター調査

アメリカ モニター調査(1988年) (調査機関Marketing Development Group)
対象人数:男女579名 試用期間:6ヶ月
<結果内容> <調査期間> <調査率>
 ●脱毛の減少  6ヶ月  70%
 ●脱毛の停止、及び再発毛  6ヶ月  50%
※試用期間を延ばすことで、さらに効果率は向上します。
※ヘルシンキ・フォーミュラはヘルシンキ大学の研究、試験の結果その処方が作られた製品です。